« 何かがおかしい… | トップページ | できる、できないじゃない »

2014年8月 1日 (金)

信オンバトン:信長の野望できゅんとしたこと

超スーパーウルトラミラクルスペシャルキラーパスで死にそうです。
こんばんは。

絶賛放置モードに入っていたのにうろうろにっきのさくらさんからバトンが届いてしまった。

お題は…

「信長の野望できゅんとしたこと」

なんじゃそりゃー!


信onブログバトン「ルール」

1:気になるブロガーさんに向けて「ブロガー名orブログ名」
  を記載して「お題」を指定
2:指定された人は自分に回してくれた「ブロガー名orブログ名」
  と「お題」への回答を記事に記載
3:もちろん次のブロガーさんへお題を指定
4:お題はなるべく「信on」に関する事がいーかな?


ってことで、話しはもうかれこれ9年前です。
時代は無印だか飛龍の頃。

当時全盛だったイザクエに挑んでまして、確か、析雷待ちをしてた時のことです。

突然胸がきゅんとなりまして、これは…恋…?、とか思ったのですが更に胸がきゅんきゅんしてきます。
その晩は我慢しながら寝たのですが翌朝、バス停までの2分の道を歩くのがやっとこだったので、駅についてそのまま病院に向かいました。
診断の結果は、気胸。そのまま入院となりました。

胸がきゅんきゅんしたら要注意ですよ!

入院してた時に、気胸になりやすいタイプってのを教えてもらったんですが、
1.20,30代の男性
2.痩せ型
3.イケメン
とのことだったので、これ全てあてはまってるじゃん。と納得したものでした。

以上。胸がきゅんきゅんした話でした。

バトンの続きですが、こないだいた人以外には怖くて回せないので…。
彩の国さいたまとりどりのましろん様に!

お題は、「自慢のマクロ」で、お願いします!

ちなみに私のマクロはこれです!

Nol14080100



【信onブログバトン列車】
・信on山吹「深夜組」陽気に行こうよ♪

・のんびりのほほんと

・オッサンのつぶやき

・月夜の契り・改

・愛紗の気ままな日記

・うろうろにっき

・クープランの墓

・彩とりどり

































































































というわけで、以下、ボーナストラック。(本編ともいう)

私のメインキャラである魚屋こまち誕生物語です。

昔々の覇王伝サーバのお話。
徳川家は遠江、駿河を落として北条家の同盟国である今川家を滅ぼし、その勢いを駆って相模に攻め込んできました。
伊豆沖を端緒に、北条家徳川家の100年戦争と言われる長い戦いが始まりました。
私が初めて合戦に出かけたのは、そんな伊豆沖の戦いが始まってまもなくの頃。

それ以来、合戦にはまって、ひたすら合戦に通っていました。
合戦週は、メンテ前に合戦の準備をして、水曜日に帰ってくるとまず旗をもらって関所まで走っていき、そこから合戦が始まります。
当時の合戦は、かなりシビアな条件があって、所属部隊長が落とされたら、合戦場に再入場することができなくなります。
与力以上の身分は全てどこかの武将の部隊に所属になります。
ちなみに、武将の守備位置は固定で、かつ、所属はランダムで決まるため、何時も早く落される武将(北条家でいうと御宿さん)に所属されると、合戦開始後30分で再入場不可状態になってたりします。。
当然、みんな自分の武将の陣を守ることに必死。再入場できないので、隊長が落とされた人は必死で転生をもらいます。転生する人も必死。
そんな中で自然と同じ国に所属するもの同士の一体感が生まれていったのだと思います。

そんな反面、敵対する国とはもう、憎しみあったりしていました。
今と違って、サーバ間交流などはなく、全国検索なんかもないため、狩りに行くのも同じ国同士というのが多かったです。
そんなわけで、当時の首都である稲葉山で売り子をしていると、XX家はお断り!なんて売り子もいたりしました。
逆に○○家の人は2割引き!とかもあったり。自然と国に所属することを意識していく環境でした。

そして、私の運命の出会いは、熾烈な合戦を繰り広げている敵対国である徳川家の巫女が北条家主催のイベント市に参加したことから始まります。
当時は、ユーザ主催の市が頻繁に行われていて、同時にオークションやマラソン大会などのイベントが開催されていました。
その市に、徳川家の巫女「神楽坂芙蓉」さんという巫女が参加していたのですが、これがお尋ね状態でした。
勿論、北条家と徳川家は合戦をしている当事者同士の因縁がありますので、一部の人はこれに反発して、神楽坂さんを叩いて倒しました。
という神楽坂さんも今では同じ一門に所属して、当時こんなことがあったねーなんて話していたりします。
時代は変わったものです。

そこに端を発して、挑発し返そうということになり、なぜか徳川家の市にお尋ね状態になって、行くことになってしまいました。

市当日、お尋ね状態で岡崎の両替に潜入します。
市の会場に行くと、お尋ねがいるから間違って叩かないでねーという声が出ていたりします。
暫くは叩かれずにいたんですが、そのうち、お尋ねでくんな、みたいな周囲会話や、対話が飛んできたりします。
そして、武芸に叩かれ、戦闘になりましたが、粘ってこちらが有利になった状態で相手が逃亡。
そんなどさくさに紛れて、対話が入ってきます。

どんな会話かは忘れましたが、それがとても敵対している国の人にする対話ではなく、その日から、その人とはよく対話をするようになりました。
その人も合戦好きで、防衛マニアでした。私は武将マニアだったので、当然のようによく遭遇します。
徒党を止めると対話。武将につけると対話。というような感じで、敵対していながらよく話すようになりました。
合戦場では見かけた瞬間叩くという仲に。

そして、徳川家と北条家の長い合戦は北条家による三河の奪取で徳川家の滅亡という形で幕を閉じます。
その頃、新しく武士道を作りたいと思っていたんですが、なぜかその人にキャラを作ってもらうという話になり、希望のステだけ伝えて作ってもらったきゅらが、武士道の魚屋こまちです。
その人は今ではもう信オンはやめてしまっているのですが、作ってもらったキャラは今ではすっかりメインキャラとなり、日々戦国の世を駆け回っているのです。

Tanjou


おしまし。

|

« 何かがおかしい… | トップページ | できる、できないじゃない »

信オン」カテゴリの記事

コメント

こまちさんありがとです。放置中と聞いてまわしてみましたw
むかしの信長の話は面白いので大好きです(*´∀`*)
もっといろいろ昔話を教えてくださいましー
縁側で水ようかん用意してお待ちしております。

投稿: 桜 | 2014年8月 1日 (金) 19時44分

安らぎブログだときいてきました


安らぎブログっていうか更新してないだけじゃ・・・!

投稿: 芹沢 | 2014年8月 2日 (土) 17時21分

桜さん
> 縁側で水ようかん用意してお待ちしております。
じーさんとばーさんか!

芹沢さん
信オン会のいやらし系ブログの最高峰へようこそ!

投稿: さかなや | 2014年8月 2日 (土) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573457/60075669

この記事へのトラックバック一覧です: 信オンバトン:信長の野望できゅんとしたこと:

« 何かがおかしい… | トップページ | できる、できないじゃない »